【#VGM】 セガSG-1000 30thアニバーサリーコレクション(その2)

画像

前回に引き続きセガの家庭用ゲーム機SG-1000からセガ・マークIIIのVGM集の紹介です。

前回記事はこちら
【#VGM】 セガSG-1000 30thアニバーサリーコレクション(その1)
http://mizooki.at.webry.info/201308/article_1.html

今回はmk3になったところから。基本的にゲームの紹介。曲に関してのコメントはほとんどないな(汗)

SG=SG-1000 mk3=セガ・マークIII AC=アーケード(いわゆるゲーセン)
PSG=いわゆるピコピコ音な音源 FM=ちょっといい音が出せる音源

ちなみに日本ではマークIIIの名であるが海外ではMASTERSYSTEMという名前で販売。
さらにマークIIIにFM音源を内蔵したものを日本でMASTERSYSTEMという名前で販売したのでいろいろ混乱の元であったりもする。

YOUTUBEの動画埋め込んでるけど、基本的にエミュレーターでの動画だと思う。

・ハングオン
言わずと知れたバイク型の筐体ごと傾けて遊ぶACゲームの移植。mk3版は未経験。
ま、もっぱらアーケードかLCDゲームのハングオンミニで遊んでましたね。。
本当はステップに足乗っけて体重で操作するんだけど、オイラはがっちり大地に足付けて力技で筐体倒してました。
ラスタースクロールによる後方視点のレースゲームの技術が確立してきたころか。
mk3版はBGMが無いのが悲しいね。こっそりSG版のハングオン2にはBGMがあったと思う。
AC版
AC版外見
mk3版
ハングオンミニ

・ゴーストハウス
AC移植だけでなくオリジナルも増えてきたあたり。
宝探ししてヴァンパイア倒してなサイドビューアクションゲーム。
オイラはまったく知らないw
mk3版

・BLACKBELT
邦題は「北斗の拳」である。
オリジナルに(ほぼ)忠実なストーリー!飛び散るザコ!奥義を(それなりに)再現したボス戦!なにもかもが燃える!


・アクションファイター
AC版と同名の内容は別ゲームらしい。よく知らない。
なんというかいろんなもの詰め込みすぎのシューティンゲームですな。


・アレックスキッドのミラクルワールド
縦横地上水中ダンジョンいろいろのサイドビューアクションゲーム。
スーパーマリオと比較されることもしばしば。
じゃんけん対決とか、その当時グーチョキパー出す順番とか調べたり覚えたりしましたさ。
良質なアクションゲームと思うぞ。意地悪な部分もあるけど。


・阿修羅
戦場の狼みたいなやつ。
いろいろシビア。オイラはその当時クリアできていない。



・スペースハリアー
ムービングシートを備えた奥行き視点のシューティンゲームの金字塔。
敵のデザインはその当時流行っていたモノをいろいろパク…いや、やめておこう。
基本的にはグルグルまわって撃ちまくればいいんだけど、障害物とか敵の突進とかがあるからね。一筋縄ではいかない。
MK3版は枠付きとか言われるけど、よく出来てんだよこれが。
オリジナル追加ボスのHAYA-OHとかね。いろいろ楽しませてくれた。
HAYA-OHのネーミングは当時の社長に敬意を表してか、ブチ倒したくてつけたのかは不明。
通常、武器(にこちゃんバズーカ)は右脇に抱えてるわけだが、AC版は右に寄ると左に持ち替える。MK3版は持ち替えない。




・ウッディポップ新人類のブロックくずし
普通のブロックくずし。ではあるが各所でかなり評判がいい。
(ほぼ)専用のパドルコントローラーが使いやすかった。
元祖ではないだろうけど、コンシューマー機でのアナログコントローラーのはしり。
ネジ(壊せない)がとてもいやらしい。最終面だったかな?鬼のような配置で、さらにコンティニューができなくなり、残念ながら未クリア。


・グレートバレーボール
ま、これもよく知らないのではあるが(汗)
セガの作ってる(販売してる)ゲームで、スポーツものはひとつのブランドがあって、SG時代はチャンピオンなんとかシリーズ、MK3時台はグレートなんとかシリーズってね。


・アウトラン
かっこいい赤いスポーツカー(笑)でFMラジオを聴きながら彼女とドライブ…なゲーム。
車ゲーに限らずコース分岐してマルチエンドってのはこのへんから流行りだしたのかな。
MK3版も地形のUP/DOWNもそれなりに再現してていい感じで移植されている。
FM音源ユニット発売前だったがFM音源に対応していた。
さらに上に出てきたウッディポップのパドルコントローラーをハンドルとしてアナログ操作できた。(操作感は個人的にはあまりよろしくないが)
AC版
MK3版

・ナスカ'88
敵倒してお金拾って武器拾って色々切り替えてお金なげて仲間雇って…そんな感じのアクションゲーム。


・SDI
ACではセガの誇るヘンタイコントロールパネル炸裂って感じ。
自機はスティックで操作し、攻撃照準はトラックボールで操作するシューティンゲーム。
MK3版では自機操作と照準操作を切り替えながら戦っていく。敵の出現パターンを覚えて自機の位置取りをきちんとすれば、それほど操作は煩雑にはならない。
PERFECTのときに出てくる鳥さんは前記事に出てきたフリッキー。
AC版
MK3版

・アフターバーナー
奥行き視点の戦闘機シューティンゲーム。
ACではクレイドル(ゆりかご)筐体でめっちゃ揺れる。音源もサンプリング音をふんだんに使い、オケヒット音、ギター音などかなり刺激的な体験だった。
通常出回っているのはアフターバーナー2であり、無印はほんのしばらくの間しか世の中に出ていない。スピードの操作無し(つまりタイトルであるアフターバーナーさえ使えない)とかも含めて難易度も高く、調整版として2が出た。
空中給油をうけているように見えるがあれはミサイルの補給である(ありえないがなw
MK3版は別名「あうあ~あ~あ~」などと呼ばれていてACとのギャップに落胆もしたが、単純にひとつのゲームとしてはオイラ的には悪くない出来だと思っている。
AC版
mk3版

・ファンタシースター
今やオンラインゲームのPSO2が大人気(?)であるが、その世界観の大元のRPG。
SF的世界観。フィールド移動してのアドベンチャーと3Dダンジョンでの戦闘。
RPG作品を紹介するためのいい動画って見つからないね。
ま、いまさらネタバレでもないでしょうから動画はエンディングからスタッフロール。


・ボーナストラック/アレンジバージョン
アレンジャーの高西圭氏いわく
 1989年の私が創りました。
 1989年の耳になって、楽しんでください。
とのこと。音色、アレンジ具合含めてその当時風でとても気持ちいい。

・BLACKBELT(北斗の拳)
 ゲームじゃなくてアニメ版で使ってたんじゃないか?って出来。
・阿修羅
 これはアニメどころか実写映画のサントライメージだ。
・アフターバーナー
 元ネタはハードロック基調だけど、このアレンジはラテンって言うのかな?サロンって言うのかな?とても心地よし。
・ファンタシースター(メドレー)
 6分半(ソノシート片面限度)縛りで創ってたはずが気合い入りすぎて7分半にまで膨らんでしまった大作。


セガ SG-1000 30th アニバーサリーコレクション
WAVE MASTER
2013-07-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by セガ SG-1000 30th アニバーサリーコレクション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック