【PC】 問題判別

あなたのWindowsマシンは快適に稼動しているだろうか?
ゲームなどがサクサク動かなくなったとか、なにもしてないはずなのにディスクのアクセスランプ点滅しっぱなしとか...
大抵の場合はなにか「裏」で動いているプログラムがCPUの能力を余計に消費していたり、なにかのファイルをアクセスしっぱなしなのが原因だったりする。

そんな「裏」で動いてるプログラムはなんだろう?

タスクマネージャーだけでも事足りるかもしれない。でも、世の中にはもうちょっと便利なものもあるのでそんなツールをご紹介。

http://www.microsoft.com/technet/sysinternals/processesandthreadsutilities.mspx
マイクロソフト自身がそういったツールを紹介している。

ワタシがよく使用しているのは以下の2つ

1)Process Explorer
名前のとおり、プロセスを見たり操作するプログラムだ。
CPUの使用率や、I/O(主にディスク)のアクセスをグラフで表示してくれるので、それらが妙に多いプロセス(プログラム)をこれで発見できると思う。

問題の有無は別として「自動的に起動するように設定した記憶ないのに、それ勝手に動いてたのかよ?」みたいなのも可視化されるので見てみるだけでもお勧めする。

ただし、最近のオンラインゲームの場合、プログラムの動作していることを他のプログラムから不可視にするようなガードプログラムが実装されていたりすることもあるので、ゲームを起動していても、リストアップされない場合もある。

ワタシはこいつを常に起動している。タスクトレイに小さなCPU,I/Oメーターを表示してモニタできるし、不要なプロセスを殺すのにも便利だから。
タスクマネージャーをこれに入れ替えてしまうことも可能。


2)Process Monitor
同じく名前のとおり、プロセスをモニターするプログラム。
どのプロセスがなにをしたか?をすべてモニター表示する。

「PcScnSrv.exeというプログラムが、usrwl.datというファイルをしこたま読み書きしてる」
なんてことがわかるわけだ。

これは常駐させるとかではなく調べたいときだけちょっと起動するという性格のもの。



さて、悪さ?をしてそうなプログラムの名前やアクセスしてるファイルの名前が見つかったら、google先生に相談すれば、なんらかの解決策(のサイト)を提示してくれることでしょう。






と、これに連続して、ウイルスバスター2007の記事を書こうと思ったのだが止めた。
どうやらウイルスバスター2008が公開されているので、まずはこちらにUPDATEすることが重要ですな。

2007については
ウイルスバスター2007インストール後に処理が重く(遅く)なる問題と対処法
こちらにしこたま情報があるので、興味ある人は読んでみてください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック